車を車検に出す際の注意点

車を車検に出す際には注意点が多数あり、この注意点を無視して車検に出すと検査に通らない事があるのです。
又、自家用車を所有する方の中には独自でカスタマズしている方も多くいらっしゃると思いますが、検査を通らなければ自慢の愛車を走らせる事が出来ないので注意しましょう。
では車検を受ける時にはどのような点に注意すべきなのでしょうか。

車検の種類によって注意点は異なる?

車検には大きく分けて業者を利用する方法とユーザー自身で行うユーザー車検と言う方法があります。
車検時期なると業者を利用する方が増える為、車検に出すまでに時間が掛かる可能性があります。
又、ユーザー車検でも同じような事が言えます。
ユーザー車検をする際も事前に予約が必要になってくる為、車検時期になると予約が取れないという事が起こり得ます。
その為、事前に予約をしておき、スムーズに車検を受けられるように準備しておきましょう。

カスタム車を車検に出す時は

車検の際に指摘されやすいのが灯火に関しての事であり、自分では気づかない内に片方のランプが切れているという事は多々あります。
又、ハイビームにした時の角度が低かったり、高すぎる場合でも検査に引っかかる事がある為注意しましょう。
更にスモークやエアロなどのパーツを装着している方も検査時に指摘される可能性があるのです。
もし、自己点検を怠ると二度手間になり無駄な時間を費やす可能性もあるのです。
nfyts
車検を通らないと車検切れになり、行動を運転する事が出来なくなる為、車検に出す際には自分の車は大丈夫か確認してから車検に出すようにしましょう。
車を車検に出す際には必要な物がある為、事前に準備する必要性があります。
もしも、車検当日までに用意出来ていないと、車を車検に出せずに車検切れになる事もある為事前に把握しておく事をおすすめ致します。自家用車が車検切れになってしまいお困りのあなた、車検切れはクリック車検へお任せください。格安料金でできます。
これから車検に必要な物を紹介していきますので是非参考にしてみて下さい。

業者に依頼する際に必要な書類

先ずは車検証が必要になります。
車検証とは所有している自動車が保安基準に適合している事を証明する為の書類であり、車検対象の車に交付されるものになります。
次に必要な書類として自動車損害賠償責任保険証明書と呼ばれる書類があります。
この自動車損害賠償責任保険証明書とは車の持ち主が必ず加入しなければいけない自賠責保険の保険証になります。
又、自動車税納税証明書も必要になります。
iojutd
この自動車税納税証明書とは、自動車税が正しく納税されているかを確認する為の書類になり、毎年5月に管轄の車税事務所から送付されてくる物になります。

ユーザー車検に必要な書類

ユーザー車検の場合は上記の車検証や自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書の他に自動車検査票や自動車重量税納付書、継続検査申請書、定期点検整備記録簿など複数の書類が必要になって参ります。
その為、業者に依頼するより用意する書類が増える為注意するようにしましょう。
以上のように車検時には用意しなければいけない書類が多数ある為、一つでも欠けてしまうと車検に出す事が出来なくなってしまいます。
スムーズに車検を通過する為にも事前に用意しておく事をおすすめ致します。

更新情報